No Pain, No Gain

プログラミングで日常をちょっとだけ楽にしよう。

【Node.js】JavaScriptをコマンドプロンプトから実行する方法

最近JavaScript を書くことが多い。そうすると何でもかんでもJavaScriptで書きたくなってくる。

普段使ってるPythonで書いたCUIスクリプトJavaScriptで書けないかなぁ、と探してみるとありました。

JavaScriptコマンドラインから利用する方法。

1.Node.jsをインストール

まずはNode.jsをインストールする。

Node.js

Node.jsは、通常クライアント側で実行するJavaScriptを、サーバーサイドで実行可能にするもの。 Chromeに使われているV8 JavaScript エンジンで動作する。

ターミナル(Windowsコマンドプロンプトのこと)から以下を実行してバージョン情報が出て来たらインストールは無事成功している。

$ node -v
v6.11.4

2.スクリプトを書いて実行する

適当なディレクトリを作成して、スクリプトを書いてみよう。

$ mkdir test //ディレクトリの作成
$ cd test //作成したディレクトりへ移動
$ vim test.js //テキストエディタのVIMで新規ファイルを作成

作った「test.js」の中身は簡単にJavaScriptにしてみる。

var values = [1, 2, 3];

values.map(x => {
  console.log(x);
});

やっていることは、「1,2,3」というNumber型のデータが入っているリストから一つずつ要素を取り出してコンソールに出力している。

これを実行するには、ターミナルから以下を実行。

$ node test.js

// 1
// 2
// 3
// が出力される。

以上です。

すごく簡単ですよね。 毎日使ってるPythonスクリプトも書き直したくなってくる。。 効率性を求めるはずのIT技術のはずが、同じスクリプトを違う言語に翻訳するだなんてなんだか非効率ですよね (笑)

まぁ、楽しいからいいや