No Pain, No Gain

プログラミングで日常をちょっとだけ楽にしよう。

Google Chromeのパスワードをエクスポートしたい

Google Chromeのパスワードマネージャーはとっても便利だけど、センシティブな情報をすべて一つの企業に預けておくのは不安。別のパスワードマネジャ(LastpassとかBitwardenとか)を使いたい場合にChromeに保存しているパスワードをCSVファイルにエクスポートしたい場合があります。やり方が少しわかりにくかったので説明します。

 

以下やり方です。

 

まず、Google Chromeにてパスワードの画面を表示します。「設定 → パスワード」の順で表示できます。

f:id:hayeta:20190414210704p:plain

 

f:id:hayeta:20190414210749p:plain

 

パスワードの一覧が表示されたら、以下のボタンをクリックするとパスワードをダウンロードするためのボタンが表示されます。

 

f:id:hayeta:20190414210903p:plain

 

f:id:hayeta:20190414210930p:plain

 

このボタンをクリックすれば、パスワードが書き込まれたCSVファイルがダウンロードされます。センシティブな情報を含むファイルですので、取扱に注意しましょう。

Vue.jsとCordovaを統合してハイブリッドアプリを作る

最初にCordovaプロジェクトを作る。

cordova create <アプリ名> com.example.app

それからVue.jsプロジェクトを作る。

vue init pwa <アプリ名>

ここでの<アプリ名>は先ほどcordovaディレクトリを作成する時に使ったものと同じものを利用する。 ディレクトリ名が同じなので既にフォルダーがあるってvuecliに怒られるけど、Yes を選択するとCordovaフォルダのなかにVueが統合された感じで作られる。

あとは、vuecliによって自動で作成された設定ファイルを編集し、ビルド先をwwwに変更すればいい。

index: path.resolve(__dirname, '../www/index.html'), // 変更
assetsRoot: path.resolve(__dirname, '../www'), // 変更
assetsSubDirectory: 'static', // 変更
assetsPublicPath: './'

注)ファイル名先頭の@はvue.jsプロジェクトのルートフォルダの意味。

これで普通にVueをビルドして実機で実行すればいい。スマホをケーブルでPCに接続し、以下のコマンドを実行する。

yarn build
cordova run android